<

ヘナで染める前に知っておきたいこと

美髪情報

カラー剤がしみるからヘナを使ってみたいんだけど、ヘナってどうなのかな?

ヘナは何からできてるの?

ヘナはミソハギ科の植物。

エジプト、インド、北アフリカ、イランなどの乾燥した水はけの良い丘陵に育つ、ミソハギ科の高さ3メートルから6メートルほどの常緑低木。白またはピンク系の花、長さ2センチ幅1センチほどの楕円形の葉をつける。

葉を乾燥させて粉にしたものを水などで溶いたものが、古くから髪・眉・爪・手足などの染色やペイントに使用されている。

〜ウィキペディアより〜

 

こんな風に【葉】を粉状にしたものを水で溶いて使います。

植物由来の染料ですので、カラー剤がピリピリしてしまう人も使えます。

ヘナのメリット

✅植物由来なので安心して使える

✅カラー剤がピリピリしてしまう人も使える

✅髪の毛にコシが出る

✅毛穴の汚れを除去してくれる

✅トリートメント効果がある

こんな風にカラー剤にはないメリットがたくさんあります。

中には、ヘナでもピリピリする方がいるので注意が必要です

ヘナのデメリット

✅時間がかかる

✅明るくできない

✅色が選べない

✅パーマがかかりにくい

✅ヘナの後にカラー剤で染めると綺麗に発色しない

カラー剤は、15〜20分程度で染まるのに対し、ヘナは1時間以上かかります。
・塗る
・時間を置く
・シャンプー
と全て行うと1時間半〜2時間くらいかかってしまうので、手軽にはできないですよね。

ヘナの種類

ヘナは大きく分けると2種類

・ヘナ100%

・ヘナ+化粧品染料

ヘナ100%

冒頭でも書いたように、ヘナは「葉」を粉末状にしたもの。

成分は【ヘナの葉100%】

その中でも等級があり、品質が高いものほど価格が高くなります。

安価で売られているようなヘナは一番下のグレードで使われているものは同じヘナの葉でも、100%ヘナのごみ【濡れた葉っぱ、壊れた葉っぱ】で出来ています。

ヘナに加えることにより、カサ増しができるため安価なのです。

冒頭でお話ししたようなヘナのメリットは、上の等級のヘナで得られる効果です。

 

100%といえど、落とし穴があるので注意が必要。

ヘナ+化粧品染料

ヘナ+化粧品染料は、染料が入っている分染まりも良く、早く染まります。
カラー剤でアレルギー反応が出てしまう人は、使えないので注意が必要です。

こんなヘナには注意

基本的には粉末で売られていますが、中には液体タイプも出ているようです。

使ったことがある人のお話を聞くと
『15分くらいで染まった』という意見が多くありました。

ヘナ100%でそんなに早く染まることはありえません。

何か化合物が入っている可能性が高いです。

特に

・臭素酸Na
・臭素酸ナトリウム
こんな成分が含まれているヘナは避けましょう。
髪も傷みますし、ピリピリする可能性があります。
薬品が含まれていますので、注意が必要です。
成分をしっかりみてから買うようにしましょう。

ヘナは直営店で買いましょう

ヘナには等級があり、化合物が入っているヘナもあります。
必ずヘナの直営店で買うようにしましょう。
ネットや東急ハンズ、最近では100均などでも売っています。
グレードの低いヘナも「無添加ヘナ」として販売されています。
(葉の質は悪いが、ヘナ100%であることに変わりはないので嘘ではない)
正直見分けがつきません。
ヘナの直営店、専門店で買うようにしましょう。

ヘナを取り扱ってる美容室に行くのも手だよね。

まとめ:ヘナで染める前に知っておきたいこと

✅等級の高いヘナは、得られるメリットも大きい

✅ごみや化学品が含まれているヘナもあるので注意が必要

✅ヘナでもピリピリする人もいる

〜ヘナのパッチテストのやり方〜

①耳に後ろに薄く塗る

②48時間放置⚠️途中でピリピリする場合、すぐに洗い流してください

48時間後、何もなければ染めてもOKです。

ヘナのことを正しく知って、美髪を目指しましょう。

公式LINE作りました。
期間限定で、お友達登録の方にプレゼントをご用意しております。

お友達登録はコチラから

今回の記事で、気になることや疑問点などあれば、公式LINEからご質問も受け付けております。

 

もちろん、ブログから問い合わせていただいてもOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました