<
ダイアンシャンプーランキング

商品レビュー

ダイアンシャンプー【エクストラダメージリペア】口コミ&ダイアンおすすめランキング

市販のおすすめシャンプーで必ずといってもいいくらいランクインしている【ダイアン】

シリーズ人気NO1の「エクストラダメージリペア」の口コミと13種類のダイアンと共に一挙紹介

こんな悩みが解消されます

 

  • ダイアンシャンプーって実際どうなの?
  • みんなの口コミが気になる
  • ダイアンの種類が多すぎてどれを使ったらいいのかわからない

 

「おすすめの市販シャンプー」はなんですか?

ときかれると、迷わず「ダイアンのエクストラダメージリペア」と答えています。

洗い上がりも、手触りも良くなるので1000円以下でこの仕上がりはかなり優秀だと思います。

よくよくみると、ダイアンってたくさん種類がでてるんですよね!

もしかしたら全部いいシャンプーなんじゃないか?!と思い、他のシリーズも調べてみました。

 

結論からいうと

ダイアンは『エクストラダメージリペア』が1番いい

 

ということで、ダメージリペアのおすすめポイントをまとめました。

 

ダイアンシャンプー【エクストラダメージリペア】ってどれのこと?

 

種類がたくさんあるので「エクストラダメージリペア」と言われてもピンと来ない方も多いと思います。

こちら!

 

香水の瓶を思わせるようなこちらのシャンプー。

見た目だけでもリッチ感が漂いますが、お値段はなんと1000円以下。

どこのドラッグストアでも売っている印象があります。

おすすめポイントその1:1000円以下で割とどこでも手に入る

 

「ダイアンエクストラダメージリペア」何がそんなにいいの?まずは内容成分をチェック!

 

あまりにも長すぎたので上部分だけ抜粋しました。

全ての商品に共通していますが、配合量が多い順に記載されています。
下の方に書いてる成分はほぼ入っていないも同然ですので、あまり気にしなくてもいいですよ。

①【洗浄成分】オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEA

②【表面コート剤・帯電防止剤】γ-ドコサラクトン、クオタニウム-18、クオタニウム- 33

③【保湿効果・油分補給効果】コレステロール、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、PG、加水分解ケラチン(羊毛・羽毛)、アルガニアスピノサ核油、各種、種子油

④【タンパク質・アミノ酸などの髪の毛主成分】ケラチン(羊毛)、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、

⑤【保水成分】ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ハチミツタンパク

⑥【新しい細胞の生成を促進する効果】リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス

重要な成分を6項目に分けました。

種子油やケラチンなど、保湿や内部補修成分がしっかり配合されています。

保湿成分(中でも特に油分)が多めに配合されているので、オイルインシャンプーに近いですね。

何よりも大切なのはシャンプーの【洗浄成分】です。

最近よく聞く「アミノ酸系シャンプー」これは、洗浄成分の種類によって分類されます。

興味がある方は↓

【簡単解説】アミノ酸シャンプーって何?透明なシャンプーを選ぶ理由。

アミノ酸シャンプーってどれのことなの?たくさんありすぎてわからない 目次1 質問に答えます】アミノ酸シャンプーって何?透明なシャンプーを選ぶ理由。2 アミノ酸シャンプーって何?簡単な見分け方はあるの? ...

続きを見る

 

パッと見た印象では、洗浄力は頭皮や髪に優しいですがしっかり汚れを落とせる成分も配合されているので、
さっぱり洗えて頭皮に優しい印象です。

 

ほぼ気になる成分は入っていませんが、1つだけ気になるのが洗浄成分の中に含まれる「コカミドプロピルベタイン」。

主な役割は、洗浄力の緩和。洗うこともリンスすることもできる優れた成分。

一部では、理美容師さんの手荒れの原因にもなるという調査結果もあります。

髪にとっては、いい成分ですが肌の弱い人にとっては合わない!という方もいます。

 

早速、口コミをチェック!

気になる口コミ!

まずは、悪い口コミから

 

使用感も悪くなかったのですが、使い始めて2日めごろから頭皮が痒くなり、赤いポツポツの湿疹ができました。
なにか、痒くなりやすい成分が使われているのかもしれません。皮膚や頭皮が敏感な方は慎重になる事をお勧めします。
匿名

良い口コミ

 

匿名
今までロクシタンを使っていたのですが、極端な差を感じないのでリピートしたいと思います。香りはこちらの方が好きです

 

匿名
髪がうねりやすい、広がりやすいタイプです。単品1000円以内のものの中ではトップクラスでうねりをふせいで、まとまり良くしてくれます。
たまに高いものや新発売のものを使いますが、結局こちらに戻ってきます。

 

あのロクシタンにも劣らないほどの効果を実感されている方もいらっしゃいますね。

悪い口コミに出てきた「痒くなった」という口コミについて、調べてみました。

先程少し触れた「コカミドプロピルベタイン」ですね。

悪い成分ではないんですが、理美容師さんの手荒れの原因になるという調査結果が出ています。

元々は、ベビーシャンプーにも配合されたりする低刺激の成分なんですが、人によっては「かゆみ」がでてしまうという方もいらっしゃいます。

 

〜皮膚刺激性の試験結果〜

・[ヒト試験] 19人の被検者に0.06%活性コカミドプロピルベタインを含む製剤水溶液を対象に単回閉塞パッチテストを実施したところ、4人の被検者に±の反応が観察され、残りの15人は皮膚刺激反応はみられず、この試験物質は実質的に非刺激性であると結論付けられた(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1983)

・[ヒト試験] 12人の被検者に0.52%活性コカミドプロピルベタインを含む液体石鹸水溶液0.2mLを5日間閉塞パッチ適用し、皮膚刺激スコア(0-4)を評価したところ、0.48であった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1980)

・[ヒト試験] 10人の被検者に2種類の1.9%活性コカミドプロピルベタインを含む液体石鹸製剤0.3mLを対象に21日間累積皮膚刺激性試験を閉塞パッチにて実施したところ、すべての被検者におけるそれぞれの製剤の累積皮膚刺激スコア(0-630)は588および581であった(Hill Top Research Inc,1980)

と、記載されています。

試験データをみるかぎり、軽度の一次刺激および重度の累積刺激が報告されているため、軽度の一次刺激および重度までの累積刺激を引き起こす可能性があると考えられます。

このように、一部の人はアレルギーのような反応が出てしまう方もいるようです。

コカミドプロピルベタインの現時点での安全性は

皮膚一次刺激性:0.52%濃度以下ほとんどなし-軽度

皮膚累積刺激性:1.9%濃度においてほとんどなし-重度

眼刺激性(眼をすすがない場合):ほとんどなし-中程度

眼刺激性(眼をすすぐ場合):ほとんどなし-軽度

皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

皮膚感作性(皮膚炎を有する場合):ほとんどなし-皮膚感作を起こす可能性あり

光感作性:ほとんどなし

このような結果となっており、洗浄製品のような短時間の非連続使用として皮膚から完全に洗い流すよう設計された製品において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

 

ただし、皮膚炎を有する場合において理容師・美容師など職業的・日常的に接触する機会の多い場合は、一般使用と比較して皮膚感作を引き起こす可能性が高くなるため、注意が必要です。

「皮膚から完全に洗い流すように設計された製品」

とありますが、シャンプーもこれに当てはまりますね。

しっかり流したつもりでも、流せていない人は本当に多いです。

泡がなくなったからしっかり流せた!ではなく、毛穴の中に入り込んだシャンプーの泡もしっかり流すつもりで、多めに流していきましょう。

 

カオルデイビーワンシャンプー
【トライアルセットあり】カオルデイビーワンシャンプーの特徴と口コミまとめ!

目次1 カオルデイビーワンシャンプーってどんなシャンプー?1.1 ビーワンシャンプーのこだわり:きめ細やかな泡1.2 ビーワンシャンプーこだわり:時短1.3 ビーワンシャンプーのこだわり:すべての髪の ...

続きを見る

 

ダイアン 他にはどんなシリーズがあるの?

 

同じメーカーから出ているシャンプーの成分は同じなのか?

よく「サラサラ」とか「しっとり」などなりたい髪質に合わせて様々な種類が出ていますよね?

実は中身は全部同じなんじゃないの?と思った方も多いはず。

ついつい気になったので、成分調べてみました。

シャンプーは、洗浄成分が大事。

どんな洗浄成分を使っているかで「合う毛質」が変わります。

・くせ毛の人向け

・抜け毛が気になる人向け

・肌が弱い人向け

 

種類がたくさんありすぎるので、上記のタイプ別に分けて紹介します!

 

ダイアンシリーズ:くせ毛の人向け

 

ダイアンシリーズ:パーフェクトビューティ ミラクルユー

 

このシャンプーのポイント

  •  グルタミン酸シャンプー:くせ毛の人に最適
  •  種子油の配合がやや少なめなので「オイルイン」とは呼べないが、サラサラに仕上がる。
  •  髪の主成分の「ケラチン」配合が少ない。

総合的に見て、中途半端な保湿感。サラサラにはなるけど、潤いが足りない印象。

 

ダイアン パーフェクトビューティー エクストラシャイン

 

このシャンプーのポイント

  •  グルタミン酸系シャンプー:くせ毛の人に最適。
  •  髪の主成分「ケラチン」配合多め。
  •  種子油や白金も配合されており、しっとりとハリコシのバランスが良いシャンプー

ハリコシのバランスが良いが、「ケラチン」がかなり上位にきているので、髪の毛の主成分に近づけた洗浄成分で作られている。スタイリング剤などをたくさんつけた日は洗浄力に物足りなさを感じそう

 

ダイアン パーフェクトビューティー エクストラストレート

このシャンプーのポイント

  •  グルタミン酸系シャンプー:くせ毛の人に最適。
  •  金・銀・シルクなどハリコシ強化成分がたくさん配合されている

一見、エクストラダメージリペアと似たような成分かと思いきや、「金・銀・シルク」などのハリコシ成分がたくさん配合されています。もしかしたら、毛質の硬い人はゴワついてしまうかも

 

ダイアン エクストラフレッシュリペア

このシャンプーのポイント

  • グルタミン酸系シャンプー:くせ毛の人に最適。
  • ミント・ユーカリ・レモングラスなどハーブの葉エキスが配合されており、洗い上がりが爽やか。夏向けのシャンプー。

爽やかな香りと、各種ハーブの働きで夏のベトベト感が一軽減されそうなシャンプー。種子油成分も多く、夏のパサついた髪の毛をしっかりコーティングしてそう

 

ダイアン  ボタニカル リフレッシュモイスト

このシャンプーのポイント

  • グルタミン酸系シャンプー:くせ毛の人に最適。
  • 「ボタニカル」と名前がついているだけあって、植物由来の成分がたっぷり入っています。

ボタニカルを成分は多いものの、全体的に潤い成分が少なく、乾燥しやすい毛質の人は洗い上がりは軋みそう。

 

 

 

 

ダイアンシリーズ:抜け毛が気になる方向け

 

ダイアン パーフェクトビューティ ミラクルユー シャイン

このシャンプーのポイント

  •  タウリン系シャンプー:頭皮への刺激がかなり優しいので、ダメージ毛や抜け毛が気になる人向け。
  •  金属成分(金・白金)配合:抗酸化作用が高い為、神の老化を遅らせる。
  •  保湿成分は少なめ。どちらかというと「ハリやコシ」が出やすい

髪の毛にハリやコシを出したり、老化を遅らせる成分が入っていますが、保湿成分や神の主成分が少なく、軋みそうだなという印象。

 

 

ダイアン  ボヌールダメージリペア

ボヌールシリーズは、配合成分がほぼ一緒なのでまとめてご紹介します。

このシャンプーのポイント

  • タウリン系シャンプー:抜け毛が気になる人に最適。
  • 洗浄成分は悪くないけど、それ以外の成分に関しては特にこれといったものは見当たらず。

総合的に見て悪いシャンプーではありませんが、良くも悪くも普通のシャンプーだなという印象。ボヌールシャンプーは配合成分がほぼ一緒で、香りで差別化している印象。

 

ダイアンボタニカル ダメージリペアリング

このシャンプーのポイント

  • タウリン系シャンプー:抜け毛が気になる人に最適。
  • アラニン・グルタミン酸も配合されており、様々な髪質に対応できる

マルチに対応できるが、何かに特化しているわけではないので少し中途半端かなぁと感じる配合成分。

 

 

ダイアン ボタニカル モイストリラックス

このシャンプーのポイント

  • タウリン系シャンプー:抜け毛が気になる人に最適。
  • シア脂の配合量が多いので、ボタニカルの中では潤い成分は多め。

シア脂(シアバター)の配合が多めなので、さっぱり洗えるけれど潤い成分もしっかり配合。ただし洗いすぎは軋みの原因になります

 

 

ダイアンシリーズ:肌が弱い人向け

 

ダイアン パーフェクトビューティー エクストラナイトリペア

このシャンプーのポイント

  • ベタイン系シャンプー:赤ちゃん用のシャンプーにも使用されている成分で、ただただ頭皮に優しい。洗浄力と毛髪の補修を行い整える能力を兼ね備えている成分で、近年注目を集めている。
  • 保湿成分である「セラミド」の配合量が多い。

ナイトリペアと名前がついているので、寝る前に刺激を与えすぎない成分配合。セラミドも多く寝癖もつきにくそう。

 

 

 

ダイアン  ボタニカル モイスト

このシャンプーのポイント

  • ベタイン系シャンプー:頭皮に優しい洗浄成分

モイストと名前がついていますが、そこまで潤い成分は多くなさそう。

 

 

ダイアン  ボタニカル ディープモイスト

このシャンプーのポイント

  • ベタイン系シャンプー:頭皮に優しい洗浄成分。
  • 黒砂糖入りのシュガーシャンプー

ベタイン系シャンプーではありますが、配合量が少し多いのでそこまで頭皮に優しくないのでは?という印象。黒砂糖はミネラルやビタミンなどの栄養価も高く、髪にも栄養が補給できそう。ゴシゴシ洗うよりも少し泡だてて、泡パックをしてあげるといいかも。

 

 

ダイアン  ボタニカル リフレッシュスムース

このシャンプーのポイント

  • ベタイン&タウリン系シャンプー:頭皮に優しい洗浄成分
  • 保湿成分はそこまで多くはないが、オリーブ油・アルガン油配合なので洗っているときに絡まりにくい。

かなりさっぱりとした洗い上がりなので、頭皮がべたつきやすい人にはいいかもしれません。ただし髪の毛のダメージが大きい人は軋んでしまう可能性もあり。

 

まとめ:ダイアン シャンプーは結局どれがいいの?

  • ボヌールシリーズは、見た目はかなり可愛いけれど内容成分はイマイチ。
  • ボタニカルシリーズは、90%が天然成分と頭皮にはかなり優しい設計ですが、ダメージが大きい髪の毛には、潤いが物足りない印象。
  • パーフェクトシリーズは、オイルインのものが多い。

 

 

総合評価

パーフェクトシリーズの

・エクストラダメージリペア

・エクストラナイトリペア

が優秀。

エクストラダメージリペアを詳しく見てみる

エクストラナイトリペアを詳しく見てみる

カオルデイビーワンシャンプー
【トライアルセットあり】カオルデイビーワンシャンプーの特徴と口コミまとめ!

目次1 カオルデイビーワンシャンプーってどんなシャンプー?1.1 ビーワンシャンプーのこだわり:きめ細やかな泡1.2 ビーワンシャンプーこだわり:時短1.3 ビーワンシャンプーのこだわり:すべての髪の ...

続きを見る

-商品レビュー

© 2021 美容師ママが教える美髪のヒミツ Powered by AFFINGER5