<

<実証>トリートメントの代わりになるもの

オリーブオイル美髪情報

こんにちはもいらです!

『トリートメント買い忘れてた!』なんてことないですか?

私はよくあります。

『トリートメントの代替え品はあるのか?』についてお伝えします。

*本記事の内容*

・意外なものがトリートメントの代替え品に!

・私のおすすめベスト3

※ここで紹介するのは実際に私が試した結果です!

意外なものがトリートメントの代替え品に!

二ベア

二ベア

 

もはや、何の代わりにもなるニベア。

気になる使い方は??

シャンプーの前でも後でもどちらでも可です!

〜シャンプーの前〜
乾いた髪の毛に毛先中心に塗布(シャンプーの洗浄力から髪の毛を守ってくれます)

〜シャンプーの後〜
しっかりタオルで抜いた後に、毛先中心の塗布その後ドライヤーで乾かす(つけすぎると乾きにくいので、少量でOK)

 

仕上がり:<シャンプー前>サラサラ  <シャンプー後>しっとり

 

ベビーオイル

ベビーオイル

使っている人も多いと思いますが、お出かけ前のセット剤の代わりにもなります!

トリートメントとして使う場合は、ドライヤーの前つけるのがオススメです!

いくつか注意点があります。

・乾いてる髪の毛につける場合は、つけすぎない。

・オイル系は静電気が起こりやすくなるので、つけた後はあまり触らないこと

 

仕上がり:しっとり(少し重たい質感になります

 

オリーブオイル

オリーブオイル

ここでいうオリーブオイルは、『エクストラバージンオイル』のみです。

使い方は、シャンプーの前に頭皮〜毛先までマッサージしながら揉み込む

トリートメントは、頭皮にはつけてはいけないのですが、オリーブオイルは別です。頭皮のクレンジングもしてくれるのでどんどんつけてマッサージしてください。

その後シャンプーで洗い流してください。

最初ベトベトしますが、シャンプーするとベトベトが気にならなくなります。

しっとりまとまります。

オリーブオイルは「オレイン酸」がたっぷり含まれています!

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、肌を潤す主要成分として知られています。

また、人の皮脂の約4割はオレイン酸ですので、肌に負担のないオイルと言えます。

「抗酸化作用」もあるので、アンチエイジング効果もバッチリです!

仕上がり:しっとり(ちょっと柔らかくなる)

 

乳液

ドライヤーで乾かす前に、100円玉大くらいを毛先中心に塗布。

乳液もトリートメントも肌や髪を保湿するという意味では同じ働きをしています。

その成分を少し見比べてみましたが、どちらもメインは保湿成分!

ただ1つ決定的な違いがありました。

『シリコーンが入ってるどうか』

商品によっては「シリコーン入り」のものあるようですが、私のには入っていませんでした。

少し前から「ノンシリコンシャンプー」が流行っていますが、「シリコン」って実はそこまで悪いものではないのです。

シリコンは髪に油脂で膜を張ってくれるので、ツヤ感がでます。

乳液にはシリコンが入っていませんでしたが、保湿成分はたくさん入っているので、サラサラにはなります。

1日くらいであれば、トリートメントの代わりになります。

仕上がり:サラサラ

 

マヨネーズ

え!?って驚いた方も多いでしょうが、マヨネーズの主な成分は『油・酢・卵」です。

髪の毛は、肌と同じ弱酸性です。酢も酸性です。

カラーやパーマを繰り返しているとダメージが蓄積して「アルカリ」に傾いてしまいます。酸性のものをつけることで、弱酸性に戻してくれる効果があります。

油があることで、髪の毛のコーティング作用もあります。

卵=タンパク質。髪の毛=タンパク質。

ということで試してみました!

マヨネーズ独特の酸っぱい匂いがあるので、シャンプー前に毛先中心に塗布。

よくなじませてください。

その後シャンプーすれば、ほとんど匂いは気にならなくなります。

 

仕上がり:しっとり。

 

私のおすすめベスト3

ベスト3はこちら!!!

1位:オリーブオイル(しっとり)

2位:乳液(サラサラ)

3位:マヨネーズ(しっとり)

 

選んだ基準は、次の日も「効果が持続していること」

オリーブオイルは使わないご家庭もあるかもしれませんが、マヨネーズと乳液はだいたいありますよね?

 

そして最後に大事な大事なポイント

・シャンプーは頭皮をしっかり洗う。

・毛先を洗う時は、毛の流れに沿って(上から下に)撫でるように洗う。

・すすぎはしっかり。シャワーは上から下に毛の流れに沿って。

 

『しまった!買い忘れた!』の時は、ぜひお試しください。

どうにか1日乗り切るための、緊急策なので次の日にはトリートメントをしっかりしてくださいね!

それでは、また。

お読みいただきありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました