<

直毛の人にはコレ!!

美髪情報

直毛すぎてどうにもならない。

実は日本人の92%は直毛だと言われています。

・パーマがうまくかからない
・ハリみたいにツンツンしてしまう
・何をやっても浮いてきてしまって収まらない

 

などなど、多くの悩みを抱えていますね。

この記事では

✔️直毛ってなんなの?
✔️どんなケア商品を選べばいいの?
✔️自宅でできることはある?

そんなお悩みに答えていきたいと思います。

 

それでは早速参りましょう!

直毛ってどんな髪の毛?

直毛とは、字のまま「まっすぐな髪の毛」のこと。

くせ毛の方は直毛に憧れますよね。

美容師をしていて思うのが

「直毛の方は毎日大変だろうなぁ」と。

・パーマがかかりにくい
・寝癖がついたら朝シャンしないと直らない
・ゆるふわアレンジなんて夢のまた夢
・固定で巻くとガッチガチの硬いカールになってしまう。

 

上げ始めたらキリがありません。

 

直毛の方は、髪の毛の表面のキューティクルの層が厚いのが特徴です。

髪の断面図

キューティクルが厚い=髪を守る力が強い

直毛:今使っているケア商品本当にあってるの?

直毛の方は『キューティクルが厚い=髪を守る力が強い』

多少のダメージはあるものの、軟毛や猫っ毛の方に比べるとダメージは感じにくいかもしれません。

どの毛質の方にも言える事ですが、ケア商品との相性はとても大切です。

直毛さんは保湿成分に特化したシャンプーを選ぼう

市販では「さらさら」「しっとり」「ハリコシ」などざまざまな表記がされていますが

オススメは「しっとり」

ボリュームが出にくい直毛さんは「サラサラ」

保湿されますが、全体が重たくなってしまいます。

元々髪の毛も太く、重さもしっかりありますので、それ以上重たくなってしまうとトップの部分が潰れてしまいます。

基本はしっとり。ボリュームが出にくい直毛さんは、保湿成分+髪に軽さを出してくれるサラサラがオススメ
直毛さんにオススメの保湿成分はコチラ↓
✔︎加水分解ケラチン
✔︎ヒアルロン酸Na
✔︎コメヌカエキス
✔︎天然オイル(ホホバオイル・ツバキオイルなど)

直毛:オススメシャンプー

ボタ二スト<しっとり>

¥1001
※価格はamazon調べ

天然の皮膚成分「グリセリン」配合

シャンプーだけではなく化粧品にも配合されている成分なので頭皮にも優しい。

 

大島椿オイルシャンプー

¥466
※価格はamazon調べ

ズボラさんにもオススメ!リンスインシャンプー!

ロングヘアの方は、別でトリートメントもしっかりする事をオススメします。

昔からあるシャンプーで「フケ・かゆみ」などにも効果的!

 

直毛:普段の生活で何に気をつけたらいい?

自然乾燥しない

直毛は、クセがついてしまうと少量の水で直すことはできません。

そうならないためにも、しっかり乾かしてから寝るようにしましょう。

夜寝る時に結ぶ場合は、毛先の方でゆるーく

キツく結び過ぎてしまうと、クセがついてしまいますのでゆるーく

シュシュでゆるーくサイドポニーして寝ましょう。

コテの前にはスタイリング剤必須

コテでもなかなか巻けないこともありますよね。

高温で長時間コテを当ててしまうと、

・固い質感の巻きになってしまう
・ダメージになる

 

巻く前に少量のスタイリング剤をつけてあげることで、低温・短時間で巻くことができます。

オススメスタイリング剤2選

ロレッタ パウダームゥ 180g

¥1750
※価格はamazon調べ

 

軽いつけ心地のムースです。

ベタつきもほとんどなく、ふわっとした軽い仕上がりになります。

同シリーズに「ツヤツヤムゥ」がありますが、パウダームゥの方が軽く仕上がります。

 

ナプラ N. スタイリングセラム 94g

ミルクタイプのスタイリング剤。

しっとりグロッシーに仕上げてくれます。

仕上げにつけるのも◎ コテ巻きの前も◎

軽いつけ心地からは想像できないキープ力。

¥2173
※価格はamazon調べ。

 

Nドットといえばポリッシュオイルが人気ですが、実はこのスタイリングセラムはかなり優秀!!

直毛:美容室でのオーダーのポイント3つ

オーダーの際に必ず伝えて欲しいこと。

①直毛であること

ほとんどの美容師さんが見ればわかりますが、念のため伝えましょう。

 

②過去に浮き上がりやすかったところ or 跳ねやすいところ

多くの場合は「サイド」「襟足」などが跳ねやすいですが、人によっては意外なところが跳ねたりすることもあるので、自覚があれば伝えましょう。

 

③普段の生活で手入れが大変なところ
カットの仕方や長さを残した方がいいところなどがあるので、伝えましょう。

以上3つお伝えしましたが、どれもカウンセリング時に美容師から聞かれることだと思います。

直毛は長さの設定をミスしてしまうと大変なことになりかねないので、自分を守るためにも伝えましょう。

 

まとめ

まとめgirl
まとめgirl

①シャンプーは保湿成分重視で!

②コテの前にはスタイリング剤を!

③自然乾燥は避けよう!

④美容室では「直毛であること」を伝えましょう!

 

自宅で簡単美髪ケア要点まとめ集配付中✨

皆さんからの質問や乾燥、ご意見お待ちしております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました