<

LINE@登録者向け:自宅で簡単美髪ケア方法

『LINE@登録者向け』

自宅で簡単美髪ケア方法

もいらLINE@にご登録いただき、本当にありがとうございます!

LINE@登録者の方に新商品の使用レビューなど、みなさんが気になるケア商品を「実際に使ってみた感想」とともにお伝えしていきたいと考えています。
・皆様の髪の悩み
・美容室で失敗されてしまった
・これってどうしたらいいの?
・時短アレンジ方法
など登録者の方限定で無料公開しています。
自分のケア方法があっているのかどうか早速チェックして行きましょう!

正しいシャンプーの仕方手順

①頭頂部に向かってブラッシング

ブラッシングで得られる効果
・血行が良くなる
・リフトアップ効果
・毛穴の汚れを取り除く

 

②シャンプーの前にシャワーでしっかりすすぐ

・心の中で20秒数えましょう
・上からシャワーを浴びる時は、赤丸のところはお湯が届きにくいので、
意識してすすぐようにしましょう
汚れの7割は、お湯で落ちると言われています。
残りの3割は、皮脂や排気ガス、スタイリング剤などの油分。
しっかりすすぐ事で得られる効果
・頭皮がお湯で柔らかくなるので、汚れが落としやすくなる・頭皮の嫌な匂いを除去し、トリートメントのいい香りが定着しやすくなる

③シャンプーは手で泡立てよう

洗顔の時のように、モコモコの泡を作る必要はありません。
ほんの少しだけ泡が出ていればOK
髪の毛で泡立てようとすると、摩擦でダメージに

④シャンプー剤は髪の流れに沿って

泡をつける時は、髪の毛の流れに沿うようにつけましょう
撫でるようにつけるだけで、泡立ちます。
得られる効果
・摩擦が起きないので、ダメージレス

⑤洗う時は頭皮を揉み込むようにマッサージ

・下から上に持ち上げるようにマッサージ
・爪はたてない
・リフトアップするイメージで

生え際から頭頂部に向かって、ブラッシングの時を同じ要領で行ってください

得られる効果
・頭皮〜顔のたるみ改善

シャンプーはゴシゴシしないと洗った気がしないなぁ。

そんな方は

シャンプーブラシを使ってみてください。
頭皮を傷つけ、摩擦によって枝毛などの原因になりますので↓やらないでくださいね。
・力強く洗う
・ゴシゴシを大きくブラシを動かす
〜シャンプーブラシの使い方〜
・下からつむじに向かってジグザグと動かしながら洗う
・細かく優しく動かす

⑥毛先はゴシゴシせずに手ぐしでとかすように洗う

主に汚れているのは頭皮です。

毛先にも整髪料や排気ガスなどが付着していますが、頭皮ほどではありません。

優しく泡をなじませるように洗いましょう

⑦流す時は、上からシャワーを当てる

下を向いて流す方がたまにいますが、毛の流れに逆らうので摩擦が起きやすくなります。

上を向いて、毛の流れに沿って流すようにしましょう。

最初のすすぎ同様、赤丸のところは泡が残りやすので念入りに流してください。

シャンプーした時間の3倍の時間をかけて流してください。
『ここで豆知識』
汚れが落ちる仕組み
シャンプーで落としたい汚れは「皮脂や整髪料などの油分」
油と水は相性が悪く水だけでは洗い流すことができないので、界面活性剤を使って汚れを落としやすくします。
3倍すすいだ方がいい理由
シャンプー剤の中には、界面活性剤の他に「コンディショニング成分」が入っています。
界面活性剤:マイナスの電気を持つ
コンディショニング成分:プラスの電気を持つ

プラスの電気とマイナスの電気がくっつき、表面を覆ってくれるので手触りが滑らかになります。

しっかり流さないと界面活性剤が水にあまり薄められずに髪の毛に残ってしまうため、ギシギシする原因になります。

得られる効果
・シャンプーをしっかりすすぐ事によって手触りが良くなる

『ここでもう一つ豆知識』

シャンプーをした後ギシギシする原因
・シャンプーのすすぎが足りない
・使っているシャンプーの洗浄力が毛質に対して強すぎる

トリートメントの効果的なつけ方

つけるところは、頬骨より下

赤丸で囲んだ所をメインにつけましょう。

頭皮に近いところは、まだ新しい髪の毛なのでそこまでダメージは出ていません。

また、トリートメントは油分が多いので頭皮につけてしまうと『毛穴のつまり』の原因になります。

毛穴が詰まると

・毛穴が歪むので、くせ毛になりやすい
・髪の毛の成長の妨げになる
・栄養が届きにくくなるので抜け毛の原因になる
・頭皮の臭いの原因になる

と、様々なトラブルが出てきます。

クシで梳かしながらつけよう

クシはなんでもいいですが、なるべく目の荒いものを使いましょう。

・目の細かいものを使うと、摩擦が起きやすくダメージの原因に

・手ぐしでも構いませんが、絡まっているようであれば無理に引っ張らずにトリートメントの量を少し増やして優しくとかしましょう

こちらのテクニック、生まれたきっかけがあります。
長女がまだ赤ちゃんの頃、抱っこしていないとダメな子でしたので、いつでもどこでも抱っこしていました。
もちろんお風呂の時も例外ではありません。
抱っこしたまま、体を洗い、頭を洗っていました。
片手ではトリートメントをつけるのはとても難しく、「クシでとかしてみよう!」と思いついたのがきっかけです。
手ぐしでつけるよりもはるかにツルツルになりますし、何より簡単だったので感動したのを覚えています。

ドライヤーは毛の流れに沿って

まずこちらをご覧ください

何かが間違っています。

なんだと思いますか?

 

 

正解は、『風の向きが横からになっている』です。

他にも

・前から後ろに向かって風を当てる
・下から風を当てる
は正しいやり方ではありません。

ただし当て方は

上から髪の流れに沿って

ドライヤー は振らない

サロンでは髪の毛の流れを見ながら、ドライヤーを振って乾かしています。

ただ振って乾かしていると

・髪の毛が絡まりやすくなる
・枝毛が起こりやすくなる
逆に傷ませてしまいます。
ですので
振らずに!乾かしてください!
⚠️頭皮に近づけすぎると火傷の原因になりますので、熱くない程度の距離をとってください。
そして忘れちゃいけないのが
手ぐしで梳かしながら乾かす
得られる効果
・キューティクルの向きが整うので、ツヤが出やすくなる

仕上げに冷風を

髪の毛が暖かいままだと

・癖がつきやすくなる
・キューティクルが閉じきっていないので水分が流出しやすい
必ず仕上げに冷風をしましょう
得られる効果
・キューティクが閉じるので水分を保てる
・ツヤが出る
・ハリが出る
目安は触った時に、「熱を感感じなくなる程度」です。

すぐに乾かせない時の対処法

理想はシャンプーしたらすぐに乾かす事。

ですが、様々な理由により難しい方がほとんどではないでしょうか?

そんな時の対処法をお教えします。

対処法①:体を拭いたバスタオルで髪の毛を包んでおく

体を拭いたバスタオルはやや湿っています。
必要な水分を逃さず保湿効果

対処法②:お団子などで毛先をまとめておく

先ほどと同様必要な水分を逃さないため

ここで大切なのが、「寝る前には必ずドライヤーをする」事。
まだ少し水分が残っている時
・温風+冷風
完全に乾いている時
・冷風のみ
自然乾燥ではキューティクルを完全に閉じることができません。
必ずドライヤーをしてください。
⚠️すぐに乾かせないときでも、先にとかす
⚠️前髪が割れやすいなどのクセがある方は、割れ目がつかないようにとかす

最後に

私のオススメケア商品をご紹介いたします。

 

オススメシャンプー:ダイアン ボタニカル

オススメトリートメント:資生堂 フィーノ

オススメドライヤー:復元

今まで様々なケア商品を使ってきて、ダントツの1位です。

いろんな毛質の方に対応できるかなと思っています。

長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございます。

自宅で簡単美髪ケア。

ぜひお試しください。

 

疑問点などはLINE@にてご連絡ください。

他の登録者の皆様にはわかりませんので、ご安心くださいませ。

また、感想などいただけると嬉しいです。

ではまた次の配信をお待ちください。

 

タイトルとURLをコピーしました