<

簡単解説:おしゃれ染めと白髪染めの違い

こんにちは、もいらです!

『白髪染めを使わないで染めて欲しい。』

『おしゃれ染めで染めてもらえますか?』

こんな風にお客様に言われることがよくあります。

今回はこの2つの違いについて説明していきます。

*本記事の内容*

・白髪染めの特徴

・おしゃれ染めの特徴

・白髪染めはいつから?

・明るく白髪染めはできないの?

・白髪染め(黒染めも含む)をしたら明るくできないの?

サロンでは使う薬のことを『おしゃれ染め』『白髪染め』と呼ぶことは、ほぼないですが、この記事ではわかりやすくする為、『おしゃれ染め』『白髪染め』と呼ぶことにします。

本題に入る前に、カラー剤について軽く説明します。

カラー剤=色素(色の濃さ)+明度(明るくする力)

これを念頭に置いて読み進めていただくと、よりわかりやすいと思います。

白髪染めの特徴

その1:白髪を染められる

その名の通りですね。

少し補足をさせてもらうと、正しくは

『白い毛を染められるほど濃い色素を持つ薬』

白髪を染めるための薬ではなく、色素の量が多い薬ということです。

白髪染めには明るくする力はほとんどありません。

 

その2:トーンダウンできる

白髪染めとは、濃い色素が多く配合されている薬です。

ピンとこない人も多いかもしれませんが、絵の具で考えてみるとわかりやすいと思います。

黄色い絵の具、黒い絵の具。重ねて塗ったときにどちらの色がよりはっきり見えるでしょうか??

答えは簡単、黒い絵の具ですね。

例えば、『就職活動などで髪の毛を暗くしたい』ときも白髪染めを使うことがあります。

このように、白髪を染める以外にも使われます。

 

その3:色もちが良い

色素が多い分、色もちが良いです。

おしゃれ染目の特徴

その1:綺麗な発色

白髪を染めるほどの色素は持っていませんが、明るくしながら色変えることができます。

明るい薬ほど、持っている色素の量は少なくなります。

 

その2:トーンアップできる

明るくする力を多く持つ薬です。

明るい薬ほど、色素の量は少なくなります。

得意分野は、

濃くてくすんだアッシュ < 薄いけど明るくて透明感のあるアッシュ

ということになります。

その3:色持ちは白髪染めに劣る

色素が少ない分、その分色が抜けるのも早いです。

「劣る」と表現したのは、明るさによって差が出るのでこのように表現しました。

 

 
 

白髪染めはいつから?

『まだおしゃれ染めでカバーできる?』

これもよくお客様に聞かれます。私の答えはこれです。

『完全に白髪をカバーしたいですか?それともなじませたいですか?』

ここでいう『なじませる』とは、遠くから見たらわからないけど、近くで見たらうっすらわかる程度のことを言います。

あなたの希望はどちらですか?

おしゃれ染は色素量が少ないため、白髪を完全に染めることができません。

10本の毛のうち、白髪の本数が2〜3本であればおしゃれ染めでなじませることは可能です。

とはいえ、自分ではわかりませんよね。

質問を変えます。

『白髪が一番気になる所はどこですか?』

それによって答えは変わってくるはずです。

分け目などの目につくところであれば、おしゃれ染めでは対応できません。

それを踏まえた上で、

『ここが一番白髪が気になる。おしゃれ染めでまだカバーできる?』

と聞いて見ましょう。

各店によって取り扱っているカラー剤の種類は違います。

きっと最適な提案をしてくれるはずです!!

 

明るく白髪染めはできないの?

考える女性

『黒にしたくないから、白髪染めはしたくない』

こんな声もよく聞きます。

答えはこちら。

『美容室ならできる』『市販ではできない』

美容師は、お客様の髪の毛の状態や白髪の本数を見て薬の調合をしています。

その方法は2種類

・おしゃれ染めと白髪染めを混ぜ合わせる

・一度明るくしてから、暗めの色を入れる(俗に言うダブルカラー)

ただし、美容室でもできない場合があります。それは、

市販で黒染めした後です。

しかも市販カラー歴が長ければ長いほど、髪の毛に色素が沈着してしまい、明るくすることは難しくなります。

 

美容師は、知識と経験に基づいて薬の調合を行っています。

間違っても、市販のカラー剤を混ぜて使うようなことはしないでくださいね。

市販カラーをする場合は説明書通りにが鉄則です!

ご自分でのダブルカラーもムラにムラを重ねてしまい、修復不可能になることもあるので、リスクが高いと思います。

白髪染め(黒染めも含む)をしたら明るくできないの?

これもよく聞かれます。

答えは

『基本的には無理。ただし条件による』

明るくできる条件はこちら↓

・黒染めをしてから1年以上空いている(過去の黒染めは1回のみ)

・市販ではなく、サロンで黒染めをした

前回の黒染めから1年以上空いている場合は、多少色落ちをしているので、明るくするのは可能だと思います。

ただ、ベージュのような透明感のあるカラーは少し難易度が高いです。

また市販のカラー剤の場合は、成分も様々な上に、大体のお客様がどの薬を使ったのか明確に覚えていないため、予測がつきにくく、薬の調合が難しくなります。

そこでお伝えしたいのが

オーダー方法

〜就活などで一時的に黒くする場合〜

・黒くする期間(1年ぐらいなのか、3ヶ月なのか)

・用事が終わったら、また明るくするのか?(どれくらい明るくしたいのか?)

『就活で黒くする』といえば、大体👆のような質問はされますが、もし聞かれなかった場合に、ご自分で聞いて見ましょう。

もし明るくする予定があったのにがっつり黒染めされてしまうと、明るくできなくなってしまう可能性があるので。

 

〜白髪染めの場合〜

・黒くしていいのか、いけないのかしっかり伝える

・これから先明るくしていく可能性があれば伝える

これも、聞かれるとは思いますが、聞かれなかった場合は自分から伝えましょう。

中には『白髪を染めたい』と行っただけで色の相談など何もなしに黒くされてしまった・・・とおっしゃっていた方もいたので、心配な場合は伝えましょう。

 

まとめ:白髪染めと上手に付き合っていこう

 

白髪染めは決して悪いものではありません。が、使い方を間違ってしまうと、取り返しのつかないことになってしまうのも事実です。

 

世の中にはたくさんの美容師がいて、たくさんのお客様のニーズがあります。

『プロだからわかってくれるだろう』は事故の元です。

もちろん私たち美容師も、お客様のニーズを知る努力や勉強をしています。それでもやっぱり勘違いは起こってしまうものなのかな・・・とお客様のお話を聞いていて思います。

 

この記事を読んでくださっているのは、美容師さん以外の人だと思いますが、もし美容師さんでこの記事を読んでくださっている方がいたら、一人でも多くのお客様のニーズを叶えていけるように、供に頑張りましょう。

私もまだまだ勉強します。

では、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました