<

年齢による髪質の変化:うねり?くせ毛?

髪の毛の広がりが気になる女性美髪情報

こんにちは、もいらです。

少し前までは、ストレートーパーマ、縮毛矯正をされる方は学生や、20代くらいの人が多かったんですが、最近では、年齢関係なく幅広い方からオーダがあります。

「最近クセが出てきて・・・」

「毛先が広がっちゃうんです。」

と言ったようなお悩みが多いです。でもちょっと待ってください。それ本当にクセですか??確かに髪の毛の広がりは、ストレートパーマで綺麗になりますが、原因はクセのせいではないかもしれませんよ。

今回はくせ毛なのか?もしくは別の原因によるうねりなのかお伝えしていきたいと思います!!

*本記事の内容*

●だんだん癖が出てくるようになった原因は?

●髪のうねりにはストレートパーマするしかないの?

●日頃から気をつけることはある?

少しでも、皆さんの悩み解決に役立ててもらえたら幸いです。

だんだんクセが出てくるようになった原因は?

もともとくせ毛だった、昔よりもクセがひどくなってきた、大きくうねる、毛先が広がるようになってきた。などなど。

どんどん髪の毛の悩みが増えていきますよね。ずっとダメージだと思っていたものが、実はダメージではないかもしれません。

その原因は大きく分けて2つあります。

●加齢による頭皮のたるみ

●過剰なカラーやパーマによるダメージ

原因その1:加齢による頭皮のたるみ

年齢を重ねると、皮膚のたるみが気になってきますよね。顔と頭皮は1枚の皮膚で繋がっているので、顔だけではなく頭皮もたるみます。頭皮がたるむと、毛穴の形が綺麗な丸から楕円に形が変わります。

毛穴の形が歪むと、髪の毛も歪み、くせやうねりがでやすくなります。「何故?」とおもった方はこちらの記事を参考にしてください↓クリック!

原因その2:過度なカラーやパーマによるダメージ

髪は死んでいる細胞なので、自己修復機能がありません。

『自己修復機能って?』

例えば、怪我をしたら血が自然と止まり、カサブタになり、元の皮膚に戻りますよね。これが自己修復機能です。

髪にはこの機能がないので、ダメージを受けたらそのままです。トリートメントでダメージが進まないようにケアをする必要があります。

 『過度なカラーやパーマ』とはどれくらいでしょうか?例えば・・・

・毎回ブリーチしている

・縮毛矯正を3ヶ月に1回かけている

・1ヶ月おきにカラーとパーマを繰り返している

上記に当てはまる人は意外と多いのではないでしょうか?

『どうしてそれが髪のうねりの原因になるの?』そう思った方も多いでしょう。順を追って説明しますと・・・

・キューティクルが剥がれ落ちる。

・内部がむき出しになり、直接ダメージを受ける。

・内部がスカスカになり、たんぱく質がなくなる。

・スカスカになった髪の毛は、水分を吸収しやすくなる。

髪は水分を吸うと膨張するので、少しの湿気で髪の毛がうねる。

これが、髪がうねる原因です。

『自分の髪の毛がどちらに該当するのかわからない!』

と思ったそこのあなた。大丈夫です!

ご自身の髪の毛がどちらが原因でうねっているか、見極める簡単な方法があります。

たるみ:ツヤがあるけど、うねっている。

ダメージ:ツヤがなく、毛先が広がりパサついている。

どちらがよりご自身の髪の状態に近いでしょうか?

 

髪のうねりにはストレートパーマするしかないの?

手っ取り早いのはストレートパーマだと思いますが、何が原因でうねっているのかによって、方法は変わってきます。

頭皮のたるみによって、毛穴の形がゆがんでしまった人は、ストレートーパーマで改善が可能です。ただし、ガチガチにまっすぐにするのではなく、ナチュラルに!が基本です。

最近ではガチガチのストレートパーマをかける人が減ったので、
される方は少ないと思いますが、あくまでも「クセを伸ばしたい」のではなく、「うねりをどうにかしたい」ですので、その旨をしっかり担当者に伝えることが大切だと思います。

 

過度なカラーやパーマによって、髪がうねっている人はさらにストレートパーマを行うことは、リスクがあります。

最近では、髪質改善ができるトリートメントも多く出ていますので、
そちらでケアしていくほうがいいでしょう。

代表的なもので、TOKIOトリートメントサイエンスアクアなどがあります。

取り扱っているサロンは限られると思いますので、ホットペッパーでメニューを確認、もしくは問い合わせをしてみるといいでしょう。今あげたトリートメントは市販品は出ていませんので、サロンでの限定メニューとなります。

どちらも1回の施術で綺麗になるものではなく、何回か繰り返し行い、理想の髪質に近づけていくというものですので、担当の美容師さんと相談してくださいね!!

ご自身でうねりの原因がわからないときは、美容師にこう聞いてみましょう。

「広がり、うねりが気になるんですけど、トリートメントでどうにかなりますか?」

注意して欲しいのが

『最近クセが出てきたんです。』

『クセ』というワードを出してしまうと、即ストレートパーマをしましょう!というてんかいになら内容に、『クセ』というワードではなく、あくまでも『広がりやうねりが気になる』と伝えましょう。

※私の経験上、接客経験が浅いうちは選択肢の幅が狭いので、様々な方法が思いつかない傾向が多いなと感じています。実際私もスタイリストデビューした時は、『クセ=ストレートパーマ』という発想しかできていませんでした。その経験を踏まえ、今回このようにお伝えしております。

担当者との相談の上で、ストレートパーマをすることになった場合、次のことも忘れずに伝えてください。

『上の方は自然なボリュームを残したい。』
または
『ボリュームが気になるんですけど、ぺちゃんこにならないですか?』

なぜ伝えて欲しいかというと、髪の毛は年を重ねる毎に細くなり、
全体的にボリュームダウンしてきます。
広がりやうねりが気になるのは、髪の毛の中間〜毛先ですよね。
根元の方はふんわり自然なボリュームが欲しいのに、根元からストレートパーマをかけてしまうと、欲しいところのボリュームもなくなってしまいます。

 

日頃から気をつけることはある?

・頭皮のブラッシングをして、頭皮のたるみを予防!

※力を入れすぎたりすると逆にたるみの原因になりますので、優しく撫でるようにブラッシングをしてください。

ブラッシングの仕方をまとめた記事がこちらです↓クリックしてね

・カラーやパーマの回数を減らす!

やらないで!と言っているわけではありません。

カラーの場合は
全体染めの回数を減らす。
根元だけ、全体ぞめを交互にやる。
ダメージの出にくい薬を使ってもらう。

パーマの場合も同様に
ストレートパーマはカラー同様、根元と全体を交互にやる。
ダメージのでにくい薬を使ってもらう。

どちらも場合も、共通するのは必ず施術の前にトリートメントをしてください。

トリートメントをすることで、必要以上に髪の毛に薬剤が浸透しなくなる。

ダメージを極力抑えられる。といった効果があります。

必要以上に水分を吸わないように、トリートメントでカバーする!

ダメージを受けている髪の毛は、必要以上に水分を吸ってしまう、というお話をしましたが、これを防ぐためにアウトバスのトリートメントで保護をしましょう

髪の毛が吸える水分量は決まっているので、先に水分を与え、逃げないように
保護をしてあげるのがベストです。

オイルトリートメントだけだと、水分補給はできないので、ミルクタイプのトリートメントをつけてから、オイルトリートメントで保護をする。

といったケアの仕方が有効です。

 

まとめ:年齢による髪質の変化には

・たるみによるものなのか、ダメージによるものなのか知る。

・美容師さんに相談。

・たるみ防止のために、頭皮のブラッシングをする。

・カラーやパーマの回数を減らす。

・カラーやパーマをする場合は、サロンでのトリートメント必須。

ぜひ参考にしてみてください。

ご質問なども受け付けています。トップページからお問い合わせできますので、
お気軽にお問い合わせください。

未来の綺麗は今日の私が作る!

一緒に美髪を目指しましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました