<

【誰でも簡単】今すぐ髪の毛につやを出す方法2つ!

美髪情報

最近なんだか、髪の毛にツヤがないみたい・・・。

何かできることはあるかな?

 

 

髪の毛のツヤの正体とは

こんな風にツヤツヤの天使の輪欲しいですよね!!

髪の毛のツヤの正体は、実は光の反射

次の2つのうち、光が綺麗に反射的にするのはどちらでしょうか?

・凸凹の鏡

・凸凹していない鏡

これは簡単!
凸凹していない鏡だね!

そう、凸凹していない鏡です。

髪の毛にも同じことが言えます。
髪の断面図
髪の毛の表面にある、キューティクル。
キューティクルは魚の鱗のようになっています。
1枚でも剥がれてしまったり、めくれてしまうと表面が凸凹になってしまいます。
こんな風に。
すると、光の反射が綺麗にならず、ツヤがないように見えてしまいます。
本当はツヤがあるのに、表面が凸凹しているせいで
ツヤがないように見えてしまう。

本当はツヤツヤなのに、綺麗い見えないってこと?!
それは悲しい・・・

ツヤがなくなる原因=髪表面のキューティクルが凸凹しているから。

 

今すぐやめて!ツヤをなくしてしまう行動・原因

髪表面のキューティクルを凸凹させてしまう行動とは一体なんでしょうか?

✅乱暴なシャンプー
✅乱暴はタオルドライ
※ここでいう「乱暴」とは、毛の流れに逆らうような行動
✅過度なパーマやカラー
✅絡まっているのに無理やりとかす
✅ドライヤーが不十分
✅自然乾燥をしている
1つでも当てはまったら×
キューティクルは、すでに剥がれてしまっています。
キューティクルの正しい向きは、下向きです。
毛の流れに逆らわないようにしましょう。

過度なパーマやカラーってどのくらい?

年間の回数でいうと

パーマ:年3回まで(理想は2回)

カラー:全体染めは年5〜6回まで

カラーの全体染めは、2回に1回。

根元染目と全体染め、交互に行うのが理想です。

根元染めの時には、毛先はトリートメントで補修してあげてくださいね。

 

ドライヤーが不十分だと何がいけないの?

キューティクルは、ドライヤーの加わると閉じます。

ドライヤーが不十分だと、キューティクルが閉じ切らず、半開きの状態になります。

少し開いたところから、水分や栄養が抜けてしまうので、せっかくのトリートメントが台無しになりまます。

カラーしている場合は、カラーの色落ちも早くなりますよ!

ドライヤーの温風でしっかり乾かし、冷風で固めよう!

今日から始める、髪の毛のツヤだし

今日から簡単にできる方法を2つご紹介します!

ツヤだしの方法①

ブラッシング
いつも読んでくださっている方はまたブラッシングか・・・と思うでしょうがそれほどブラッシングは大切。
〜効果的なやり方〜

①お風呂の前に

✅日々の生活で、キューティクがめくれてしまったり湿気で開いてしまっている場合があります。開いたままシャンプーするとさらにめくれてしまう原因になりますので、シャンプーの前にキューティクルの向きを整えてあげましょう。

 

②寝る前に

✅寝る前にもう一度キューティクルを整えてあげることで、寝ているときの摩擦でキューティクルがめくれてしまうのを防ぐ事ができます。

③朝出かける前に

✅寝ている間に、開いてしまったキューティクルをもう一度閉じてあげましょう。

優しく丁寧にやりましょう。力は入りませんよ。

ツヤだしの方法②

オイルのトリートメントでコーティング
すでに剥がれてしまったキューティクルは、修復しません。
残念ながら、ダメージを受けた髪の毛は元には戻りません。
空いてしまった隙間をオイルのトリートメントで補ってあげましょう。

ミルクタイプのトリートメントじゃダメかな?

ミルクタイプは、水分量が多いので水分補給に適しています。

が、ここで必要なのはキューティクルの代わりになる【皮膜)を作る事。

オイルトリートメントの方が適しています。

ちなみに、私の愛用のオイルは

全身使えて、コスパ◎最強のオイルです。

 

まとめ:【誰でも簡単】今すぐ髪の毛にツヤを出す方法2つ

✅お風呂の前と、お出かけ前、最低2回はブラッシングでキューティクルを整える

✅開いてしまったキューティクルの穴は、オイルで塞ぐ

 

 

ブラシは定期的に洗おうね!頭皮のニキビの原因になるよ!

公式LINE作りました。
期間限定で、お友達登録の方にプレゼントをご用意しております。

お友達登録はコチラから

 

 

カラーの色落ちが早い人は【アレ】がないかも!?
【自宅にあるもので簡単】トリートメントの効果を高める方法はたったコレだけ
市販カラーで綺麗に染めるコツ【おしゃれ染め編】
【対処法】髪の毛が絡まった時
髪質別おすすめシャンプー【抜け毛】

コメント

タイトルとURLをコピーしました